老人ホームの種類と空き状況について

老人ホームの種類と空き状況について

老人ホームの種類と空き状況について

 

Q:老人ホームっていろいろ種類がありすぎてわかりません。
福祉施設、介護保険施設、老人ホームそれぞれ何が違うのでしょうか?

 

A:老人ホームの種類と空き状況について

 

いろいろな呼び方があるので混乱してしまうのも無理はありません。

 

この三つの違いについて詳しく説明していきます。

 

・福祉施設について

 

福祉施設について説明していくと、ここでも大きなカテゴリー分けになりますが、老人福祉施設に限って種類を説明していきます。

 

老人福祉施設というカテゴリーにしてしまうと、デイサービスやショートステイなども含めた非常に大きなサービスを含んでいます。

 

その他にも特別養護老人ホームや、ケアハウスと呼ばれる経費老人ホームが含まれます。

 

老人福祉法で種類が定められていますが、いわゆる老人ホームと呼ばれている、施設の中で生活をするというシステムだけが含まれているわけではありません。

 

さまざまなサービスの総称として、老人福祉施設という呼び名が付けられています。

 

厳密に言えば、デイサービスを利用している人も福祉施設を利用しているということになります。

 

・介護保険施設について

 

介護保険施設は一言で定義してしまうと、介護保険のサービスを利用して入所する、公的施設のことです。

 

基本的には3種類に分かれており、安く入所できるということで人気なのが特別養護老人ホームです。

 

特養という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、介護度が3以上の人が入所することができ、手厚い介護を受けることができるのですが、かなり人気が高いので、実際には入所できない人すらいます。

 

入所できたとしても数年待たなければいけないということで、介護者には大きな負担となる場合があります。

 

リハビリを目的として入所する介護老人保健施設も有名です。

 

略して老健と呼ばれるのが介護老人保健施設です。

 

この施設は、リハビリが目的となっているので長期間入所することができないので、退院後に在宅での生活に向けて必要なリハビリを行うための施設です。

 

もう一つの種類としては介護療養型医療施設がありますが、長期入院型となり最近ではこの施設は少なくなっています。

 

一般的に公的な老人ホームとして思い浮かべるのが特養かもしれませんが、前述したように、なかなか入ることができないという問題があります。

 

・有料老人ホームについて

 

老人ホームという言葉には様々な種類の施設が含まれていますが、特別養護老人ホームを除けば、ほとんどの人が想像する老人ホームというのが有料老人ホームになります。

 

人生の最後まで介護してもらいながら過ごすというイメージです。

 

しかし、この有料老人ホームに関してもいくつかの種類があります。

 

一般の人がイメージするのが介護付有料老人ホームで、老人ホームの中に看護師や介護士等、サポートする人材が揃っています。

 

専任ケアマネージャーも配置されていますので、料金を払えば基本的に全てを任せることが可能です。

 

その他にも、住宅型老人ホームがありますが、これは軽度な介護度の人が利用するもので、施設そのものに介護サービスが備わっているわけではなく、介護保険を利用しながら外部サービスを使い生活していきます

 

人生の最後までここで生活するという場合もありますが、あまり介護度が上がってしまうと不可能なことが多いので、比較的軽度な人が利用する老人ホームとなっています。

 

このように、福祉施設や介護保険施設、老人ホームはそれぞれ重なっているものもありますが、呼び方によって大きく違います。

 

いろいろな呼び方がありますが、人生の最後まで介護してもらうというイメージの施設であれば、特別養護老人ホームや、介護付有料老人ホームが該当します。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ