グループホーム、ケアハウス、有料老人ホームの違い

グループホーム、ケアハウス、有料老人ホームの違い

グループホーム、ケアハウス、有料老人ホームの違い

 

Q:グループホーム、ケアハウスって有料老人ホームと何が違うのでしょうか?

A:グループホームやケアハウス、有料老人ホームは、入居できる人の条件が異なっています。

 

それらの違いをしっかりと理解した上で、入居できるかを相談してみると話がスムーズに進みます。

 

・グループホームは認知症の人のための施設

 

グループホームは認知症の診断を受けた人が生活する施設です。

 

基本的には集団生活をして、自分のことは自分で行うので、認知症があまりにも進んでしまった場合はグループホームに残れなくなります。

 

比較的軽度の認知症の方がグループホームに入所します。

 

・ケアハウスは一般型と介護型があり、比較的料金が安い

 

ケアハウスは軽費老人ホームと呼ばれ、有料老人ホームと比べると比較的料金が安く設定されています。

 

ケアハウスには一般型と介護型があり、60歳以上の人が入居できるようになります。

 

一般型の場合は基本的に自分で炊事洗濯ができなければなりませんが、介護が必要になった時は外部サービスを受けることができます。

 

介護型の場合は要介護度1以上の人が入居できるようになっています。

 

自治体からの補助を受けているので、費用が安いという特徴があり、人気を集めています。

 

最近では認知症に対応しているケアハウスもあります。

 

・有料老人ホームにも色々な種類がある

 

有料老人ホームは3種類に分かれていますが一般的に老人ホームと聞いて想像するのが、介護型有料老人ホームだと思います。

 

老人ホーム側が介護に必要な人材をそろえているので、介護度が上がったとしても、施設にすべてを任せることができます。

 

しかし、それなりの費用が必要になりますから、有料老人ホームに入居したいという場合は、ある程度の金額が毎月払える経済状況でなければなりません。

 

有料老人ホームによっても料金が異なってきますので、経済的に余裕がないという場合は、ある程度費用が安い施設を選ばなければならないでしょう。

 

元気なうちから使用や空き状況について調べておくと、いざ入居したいと思った時に、素早く準備をすることができます。

 

あらかじめ家族や専門家と話し合って情報集めをしておくことが大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ