老人ホームの空き状況がすぐわかる!全国特養、老人ホーム検索

老人ホームの空き状況がすぐわかる!全国特養、老人ホーム検索

老人ホームの空き状況について

 

最近では、入居者さんが自ら老人ホームを探して介護が必要になる前から入居するケースも増えてきました。その一方で、急に自宅での生活が難しくなり、空きがあるにもかかわらず、入居できる老人ホームを探さないといけないケースもまだまだ多いといわれています。
老人ホーム 夫婦

 

介護問題は、ある日突然状況が変わって、それまでの生活では介護を続けることが難しくなることも良くあります。

 

すぐにでも空きのある老人ホームを探して利用したい場合は、公的な機関に相談するよりもネット上の老人ホーム空き室検索の方が迅速でいますぐに情報が手に入りやすいです。

 

人気の老人ホームは空きが少ない

老人ホームは空きが少ないわけではないのですが、その施設や費用によっては空きが少ないものもあります。

 

特別養護老人ホームなどの施設は現在空きがほぼなく、入居待ちが全国で数十万人に上るともいわれています。
また有料老人ホームやグループホームなども待遇や費用の安い施設は入居希望者が多く、空きがないことも珍しくありません。

 

地域や条件などでご希望の地域の老人ホームに空きがあるか確認してみましょう。

 

≫≫   住んでいる地域の老人ホームの空き室をリアルタイムに調べられるサイト

 

介護保険と民間サービスを上手に利用する

老人ホーム 家族
介護保険サービスを利用するときにはケアマネージャーや市町村の福祉課に相談すると良いのですが、1人で何件ものケースを担当していたり、民間サービスに比べて仕事の速さが遅かったりするのは仕方のないことかもしれません。

 

でも、今すぐに老人ホームに入居したい人にとっては、どこに空きがあってどのぐらいの費用で入居できるのか?いろんな情報があった方が選択肢が多く、結果的に満足のいく老人ホームを見つけられる可能性が高くなります。

 

老人ホームに入居したらおそらく一生住み続ける場所になります。

 

だからこそ、後でこうすればよかったかも。と思わないためにも、いろんな選択肢があることを知った上で選ぶのか、1つの情報源だけに頼るのかでは納得度が違います。
そのためにも複数の人の話や情報を集めて選ぶことが大切なのです。

 

 

今すぐに入居しなくても空きなどを下調べをしておくことが精神的に楽

 

これまでは家族がお世話をしたり、デイサービスやショートステイなどを利用して自宅で生活ができていたとしても、介護度が上がったり家族の状況や変わることで家族の負担が重くなったり、十分な介護を続けることが難しくなることで急に老人ホームを探さなければならなくなることもあります。

 

それぞれのケースごとによって状況が違いますが、自宅で住み続けられる選択をするにしても準備がすぐにできて十分な介護ができるまで時間がかかったりしますよね。その間、家族への負担が増したりしてしまいがちです。

 

もうみなさんご存じのように、老人ホームはとにかく満室で入居待ちしなければならない現状です。公的な老人ホームである特別養護老人ホームなら2〜3年待ちともいわれているのですが、民間の老人ホームも人気のところは空き待ちで最短数か月待たなければならないです。

 

老人ホームに入りたいと思ったときに希望を出しても遅いので、事前にすぐに入居する必要になったらこうするとか、希望の老人ホームを見つけておいて近い将来入居しそうな段階で入居申請を出す方法もあります。もし、まだ入居する段階でないときに順番が回ってきたら次の空き待ちの人に順番を譲ってしまうこともできます。

 

老人ホームが空くまでの自宅での介護を考える

 

食事も用意してくれて安否確認や健康も気遣ってくれるサービスが付いて元気なら好きに外出も楽しめるのですから、将来を現実的に捉えながら人生を楽しむ今のシニア世代にとってはとても便利なサービス付き物件として利用する人も増えています。

 

昔なら老人ホーム=姥捨て山的なネガティブなイメージがありましたが、今やそんなことはありません。もうサービス付きマンションと言っても良いでしょう。

 

元気なうちから老人ホームに入居することのメリットは、将来介護が必要になっても住み続けられる点です。

 

もし、介護が必要になったり病気などで認知症になったりしたとしてもその前の段階から自宅として住んでおけば環境を変える必要がなく精神的な安定が図りやすい上に、どんな介護サービスが受けられるか確認しておけるので安心ですよね。

 

 

今すぐに家族のために老人ホームの空きを調べて入居したい場合も、事前に自分のために備えておきたい場合も、ぜひ納得のいく老人ホーム選びをしましょう。

 

 

老人ホームの種類について

 

「有料老人ホーム」と「経費老人ホーム」と「ケアハウス」の違いなどなかなかわかりにくい方も多いと思います。
そこでそれぞれの違いについて説明したいと思います。

 

有料老人ホームとは?

 

有料老人ホームとは、高齢者に対して介護サービスを提供することを目的とした施設ですから、さまざまな施設を含むことになります。
全国的に多く人気の有料老人ホーム以外は空きは比較的多いと言えます。

 

民間事業者の経営できるということで、介護保険が始まってから多くの施設が運営されることになりました。

 

有料老人ホームという定義を正確に当てはめてしまうと非常に幅広くなりますが、ほとんどの人が思い浮かべている老人ホームとは、介護付有料老人ホームのことでしょう。

 

施設に介護のためのスタッフが揃っていて、最後の瞬間まで見届けてくれる施設というイメージを持っているのであれば、それは介護付有料老人ホームのことです。

 

介護付有料老人ホームの中でも様々なサービスを独自に提供している施設がありますので、利用料金は大きく異なります。

 

経費老人ホームとは

 

おそらく軽費老人ホームのことだと思いますが、基本的には介護そこまで必要としない人たちが、有料老人ホームよりも安い金額で入居できるようになっています。

 

自立の人たちが入居するように作られていますので、一般の人が思い浮かべる老人ホームというイメージとは違う場合が多いです。

 

自治体からの助成を受けているので、費用が安くなっていますが、最近は有料老人ホームでも安い施設が増えていますし、軽費老人ホームは減少していますので空きは場所によっては少ない場合もあります。

 

ケアハウスとは

 

ケアハウスとは軽費老人ホームのC型と呼ばれるもので、所得が低い人でも入居できるということで注目されています。
地域によっては空きの少ない老人ホームと言えます。

 

一般型と介護型に分類されていますが、一般型に入居する人は、現在は介護される必要はないもののいざと言うときに独居では不安という人がほとんどです。

 

しかし、一般型は介護度が上がった時に対応が出来ないので、要介護度1以上の人は介護型のケアハウスに入居することが多いです。

 

安いというイメージが強いですが、実際には有料老人ホームの方が安い場合もあります。

 

そのおかげで、入居希望の人が以前よりは少なくなったので、入りやすくなりました。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ